パンダブスタジオ
▼メッセージ
▼スタッフブログ

2015年4月11日 土曜日

レコードレーベルあれこれ(17)~ビクター周辺の会社について

アナログ・レコードの中心部にある丸いレーベル。
そこにはいろいろな情報が詰め込まれている。

ビクターレコードのシングル盤については前項で見てきたが、
今回は「ビクター」という冠のついた複数のレコード会社について確認をしたい。

一口に「ビクターレコード」という括りで今まで取り上げてきましたが、
もともとは音響メーカーの日本ビクターの一部門でした。
1972年にビクター音楽産業株式会社として独立。
1993年にはビクターエンタテインメント株式会社と社名を変更。
親会社である日本ビクターがJVCケンウッドに吸収合併され、
2014年には株式会社JVCケンウッド・ビクターエンタテインメントへと社名が変わっている。
アナログのレコード盤で語る「ビクターレコード」とはこのビクター音楽産業株式会社の本流を指している。

「本流」と書いたという事は。「支流」があるんです。
1975年にはRCAレーベル部門(邦楽、洋楽)がRCAビクター株式会社(RVC(RCA Victor Corporation)株式会社と表記)として独立する。つまり、この時「ビクター」という名称を使うレコード会社が2つ存在していたことになる。
RCAビクター株式会社は1986年に親会社RCAの業績悪化によってドイツのBMG Musicの傘下になり、翌1987年にはBMG Musicの日本法人であるBMGビクターに引き継がれる。その後、BMGジャパン→BMGファンハウス→BMG JAPANと合併による社名変更を繰り返し、2009年にはソニー・ミュージックエンタテインメントに吸収合併されて消滅する。

2015-04-11 16.32.36

2015-04-11 16.33.00

1975年の吉田美奈子のアルバム『minako』のレーベルはRCA。発売元はRVC株式会社と表記されている。

2015-04-11 16.34.07

2015-04-11 16.33.23

裏ジャケでは「Manufactured by RVC Corporation, Tokyo, Japan.(RVC株式会社)」との表記ですが、レーベルのリムの表記には「MANUFACTURED BY VICTOR MUSICAL INDUSTRIES, INC.,TOKYO, JAPAN(ビクター音楽産業株式会社)」とある。

2015-04-11 16.36.25

2015-04-11 16.36.38

2015-04-11 16.48.23

1977年の山下達郎『SPACY』のリム表記をみると「MANUFACTURED BY RVC CORPORATION, TOKYO, JAPAN.」に変わっている。

ついでにですが独立前はどうだったかを見てみましょう。

2015-03-31 15.20.03

2015-03-31 15.20.13

1973年のエルヴィス・プレスリー『エルヴィス・イン・ハワイ(Elvis Aloha from Hawaii)』です。

2015-03-31 15.21.49

製造は日本ビクター、発売元はビクター音楽産業株式会社となっているのが確認できます。

ややこしいのは、もう一つ「ビクター」の名称が付いた会社が存在していたことです。
1990年にビクター音楽産業株式会社の傘下に設立されたMCAビクターがそれである。
ビクターとテイチクレコード(松下電器産業が親会社)の合併構想の中から生まれたのだが、うまくまとまらずに1997年にはユニバーサルビクターに社名変更。2000年にはユニバーサルミュージックに統合されてしまう。
このMCAビクターの頃は既にアナログ盤の時代ではないのだが、アーティストによっては非常にややこしい変遷になるので、ちょっと確認してみよう。
例えば、福山雅治などはBMGビクター→ユニバーサルビクター→ユニバーサルミュージックと変遷。
かのヒット曲「桜坂」(2000年4月)は、発売元はユニバーサルビクター、販売元はビクターエンタテインメント。
次ぐ「HEY!」(2000年10月)では、発売元はユニバーサルミュージック、販売元はビクターエンタテインメント。
2枚空けて「泣いたりしないで」(2004年12月)でやっと発売・販売元ともにユニバーサルミュージックとなる。

いま現在のビクターを調べようと思ったら、レコード業界の合併や統合による再編のややこしいの何のって、頭が痛くなりました。

(フルブリッジ豊橋 佐野)

  1. お問い合わせ
  2. お問い合わせ項目

  3. お申込者情報
  4. ※必須
  5. ※必須
  6. ※必須
  7. <個人情報の取り扱いについて>
    ご入力いただいた個人情報は,お問い合わせ内容に対する回答及び社内確認の目的で利用します。個人情報は,株式会社フルブリッジ及び岐阜製版株式会社で共同利用します。共同利用する個人情報は,ご入力いただいた情報とします。その他,法令に基づき開示・提供をもとめられた場合等を除き,本人の同意なしに個人情報を第三者へ開示・提供はいたしません。個人情報は,基準を満たす委託先に処理を委託することがあります。個人情報は,本人確認の上,開示・訂正等を行います。お問合わせ内容のご記入は任意ですが,不備・不足がある場合,適切な回答が実施できないことがあります。
    個人情報に関するご相談・苦情は,株式会社フルブリッジ エデュケーションセンター内 個人情報相談窓口(TEL. 0532-56-1313),及び岐阜製版株式会社 総務部 個人情報相談窓口(TEL. 058-233-1313)までお申し出ください。
  8. ※以上にご同意の上,[送信]ボタンを押してください。([送信]ボタンを押すと,すぐに送信されますのでご注意ください。)
 

電話でのお問い合わせも承ります。

株式会社フルブリッジ 豊橋本社       株式会社フルブリッジ 名古屋支社

   TEL.0532-56-1313       TEL.052-913-8899

株式会社フルブリッジ 東京茅場町オフィス  株式会社フルブリッジ 東京秋葉原オフィス

   TEL.03-5540-4817       TEL.03-5812-4605

株式会社フルブリッジ 大阪淀屋橋オフィス  岐阜製版株式会社

   TEL.06-6228-3066       TEL.058-233-1313